ブロードバンド物件は価値の見極めが難しい!?ポイントを知って比較しよう

ブロードバンド物件に快適さを求めよう

引越し直後からブロードバンド回線が使えれば、面倒な工事も必要なくすぐに引越し後の生活に溶け込めるでしょう。ブロードバンド回線をオーナーが最初から導入するケースが増えている背景には、入居者による個別引き込みを制限したいという狙いと同時に、付加価値としてブロードバンド回線セットを謳うためと考えられます。しかし、ブロードバンド回線は速度のスペック重視な側面があるので、上り下り共に最大1000Mbpsが快適さの標準となっている点を知っておく必要があります。

管理費が高くなっていないか確認する

ブロードバンド物件の割に家賃が高くない場合には、管理費が多く徴収されていないか周辺物件と比較してみると良いです。周辺物件が管理費3000円に対して、ブロードバンド物件が管理費1万円ならば、差額にブロードバンド回線費用が含まれていると考えられます。トータルの生活費で考えた時に、支出が変わらないのであれば、ブロードバンド物件を敢えて選ぶ必要がなくなってしまいかねません。

別の回線引き込み許可を取れるかチェックしよう

賃貸物件を契約する前に、ブロードバンド物件では別の回線引き込みが出来るかどうか確認しておく必要があります。なぜなら、入居後に利用目的と合わない通信回線だった場合には、別の回線契約が必要となるので、指定回線以外の許可が出ない物件ならば転居が必要となるからです。良くあるケースとして、上り回線が100Mbpsに達しておらず速度不足になったり、グローバルIPアドレスが付与されずにオンラインゲームが全くプレイ出来ないといったトラブルが発生する可能性があります。別の回線引き込みが許可されていれば、ブロードバンド物件であっても安心して入居出来るでしょう。

琴似の賃貸は繁華街ということもあって、ビルの中の一部屋だったり、料理店やBarだった物件が多いです。