知っておきたい!ペット可物件の種類や家賃

賃貸でもペットを飼える物件

通常、アパートやマンションなどの賃貸物件ではペットを飼うことは禁止されていますが、賃貸でもペットを飼いたいという人は多いでしょう。そこで便利なのがペット可物件ですが、いくつかのタイプや通常の賃貸物件との違いなどがあるため、探す際はそのことを知っておきましょう。

ペット相談可とペット共生型

ペット可物件と一口に言っても、そのタイプはいろいろです。まず挙げられるのは、ペット相談可などと呼ばれるものであり、通常の賃貸物件でペットを飼うことを許可した物件のことを指します。そのため、ペットのための特別な設備が整っているわけではありませんし、ペットを飼わない入居者もいるという状況になると言えるでしょう。ですので、ペット相談可物件に住む場合は、周囲への配慮やマナーを守ることがより重要になってくると言えます。次に挙げられるのはペット共生型などと呼ばれるものであり、こちらはペットを飼うことを前提に造られた物件のことを指します。そのため、ドッグランなどのペットを飼うための設備が充実していますし、入居者も全てペットを飼っているので、よりペットを飼いやすい環境が整った物件だと言えるでしょう。ただしペット共生型は、物件数がまだ少ないと言われています。

気になる家賃などの費用について

賃貸を借りる際、気になるのは月々の家賃ですが、ペット可物件の場合は、通常の賃貸物件より2割程度高くなるというのが相場だと言われています。また敷金に関しても、1ヵ月分多くなるのが一般的だと言えるでしょう。

東札幌の賃貸は、地下鉄の駅まで徒歩圏内の物件が多いため、札幌中心部へのアクセスに優れている点が魅力です。