タイミングよく任意売却を依頼するメリット

初めての任意売却のメリットとデメリット

一戸建て住宅を手放すにあたり、大きく分けて任意売却と競売の方法がありますが、より高値が付く方法を選ぶにあたり、各地の実績のある不動産会社に相談を持ち掛けることが肝心です。特に、任意売却の手続きを取ることで、競売のように近隣の住民に迷惑をかけることがなく、希望通りの価格で売却ができるというメリットが期待できます。一方、不動産会社のシステムによって、買い手が見つかるまでの時間が掛かったり、売却の成立時の仲介手数料が高めに設定されていたりすることがあるため、手元に残るお金が少なくなってしまうこともあります。そこで、任意売却に関心があるときには、顧客対応の良い不動産会社のスタッフと定期的に交渉をすることがポイントです。

任意売却の理想的なタイミング

一戸建て住宅をできるだけ高値で売却をしたい時には、任意売却のタイミングを見計らうことがポイントです。近年では、任意売却を希望する顧客を対象とした無料相談の機会が用意されている専門業者が増えており、それぞれの物件の築年数や地価などに応じて、より良い売却時期を教えてもらうことができます。また、不動産会社の広告に物件の情報を掲載してから買い手が見つかるまでの期間の長さは、物件の魅力や各業者のスタッフの手腕により、大きな差が出ることがあります。そこで、実績のある専門業者のスタッフに相談をしつつ、任意売却を希望する物件の写真の撮影方法や値段の付け方などにこだわることで、住宅を探している人に効果的にアピールをすることが大切です。

住宅ローンが払えなくなった際に、住宅ローンなどの融資を受けた金融機関との合意に基づいて家を売却する手続きのことを任意売却といいます。